広島・呉の注文住宅建築設計事務所の家づくり情報ブログ

優しい人になれる家を追い求める
建築家みやもとまさたかの考察ブログ
-優人舎一級建築士事務所-

February 5, 2017

節分祭

先日節分祭にいってきました。
ここ数年毎年バイクセンターくれのタケちゃんと仲間たちとご一緒させていただいています。それまで節分と言っても豆まきや恵方巻きぐらいのことしか思い浮かびませんでしたが、春の始まりの立春に先駆け行われるのが節分祭。
「今年一年不幸や災いがありませんように。」
そう言う習慣なのですね。参加しないと考えもせず節目が過ぎていっていたのですね。少しずつで良いので前に進みたいと思います。

亀山神社節分祭豆まき

亀山神社節分祭豆

January 4, 2017

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご用命を賜り厚く御礼申し上げます
何卒本年も宜しくご愛好のほどひとえにお願い致します

今年の年末から年始に掛けて例年より暖かくそして好天に恵まれました。去年に引き続き友人と呉の灰ヶ峰に初日の出を拝みに行ってきました。毎日夜は明けるのですがこうして改めて見ているとなんだか少しホッとしてしまいました。「明けない夜はない」と聞きますがその事の壮大さに改めて胸を打たれた気持ちでした。

灰ヶ峰初日の出

November 8, 2016

第33回呉建築セミナー終了しました。

昨日講師の竹山聖先生を迎え無事呉建築セミナーを終えました。
建築士会呉地区支部を始め実行委員会の皆様と竹山先生のご尽力により無事33回目の呉建築セミナーを終えることが出来ました。
個人的にも2007年に竹山先生の講義を聞いてから再度のお話にワクワク感をつのらせていただいていました。

呉建築セミナー会場風景

質問コーナー

竹山聖

カメラマンやら何やらとドタバタしてしまいお話を聞けたのは後半になってしまいましたが期待を上回る内容に引き込まれました。
毎年毎回著名な建築家をお呼びさせて頂きセミナーをさせていただいていますがその度に色々なことを伝え聞いている気がします。

October 1, 2016

第33回呉建築セミナー竹山聖氏

建築士会呉地区支部主催で毎年行わせていただいている呉建築セミナーも今年で33回を数えます。現在では情報に溢れていますが33年前といえばインターネットも無かった時代です。なかなか建築について知識を広める機会も少なかったことでしょう。一般の方にもなかなか意味の通じない時代だったのではと考えてしまいます。そして今は様々な情報が豊富にあり逆に活きた情報を見つけることが困難な時代とも感じます。そうした事からも世界に通じる建築家達の活きた言葉を聞かせて頂く機会として呉建築セミナーがあります。
今回は現在京都大学教授でもある建築家竹山聖さんにお話をして頂くことになりました。私も以前にお話を聞いたことがありますがとてもわかり易く人に伝わる優しいお話をされる方だと思った覚えがあります。今回のテーマは「建築的思考」。もしよろしければお気軽にご参加ください。

第33回呉建築セミナー竹山聖氏ポスター

演 題 :「 建築的思考/Architectural Thinking 」
講 師 : 竹山 聖 氏 (京都大学教授,設計組織アモルフ主宰
              日本建築設計学会会長、香港大学客員教授)
日 時 : 2016年11月7日(月) 18時-20時
会 場 : つばき会館4階音楽ホ-ル
定 員 : 200名
参加費 : 無 料
申込み : 不 要
主 催 : 広島県建築士会呉地区支部
問合せ先: 広島県建築士会呉地区支部事務局 松田
TEL/FAX:0823-25-0230 E-mail:hksks90@yahoo.co.jp

July 11, 2016

事務所設立10週年になりました。

昨日は参議院選の選挙の日でした。私も旧落走小学校に投票へ行ってきました。投票率を見させていただいていると随分少ない気がしましたね。その後夕方バイクセンターくれのタケちゃんからのお誘いで灰ヶ峰に登りました。大学時代に友人と初めてバイクにのりやってきたのもここでした。余りの綺麗さにびっくりしたものです。そんな輝きは今も変わっていません。
呉市灰ヶ峰の夜景
本日7月11日で無事に事務所が開設して以来10年が経ちました。その記念にタケちゃんより名前入りTシャツとレインコートを頂きました。心に染みました。感謝です。優しい人になれる家づくりと「優人舎」と事務所の名前をつけましたが逆に人にその優しさを教えてもらいました。
10週年プレゼント
紆余曲折の10年でしたがその分様々な方との出会いもありました。そんな皆様のお陰のこの10年間です。これから先も灰ヶ峰の夜景を見て同じ様に感動し人の優しさをいつまでも大切にできる自分でいたいと思います。そして、自分を見失うことなく歩んでいきたいと思います。これからもよろしくお願い致します。

July 8, 2016

建築士HIROSHIMAに掲載されました。

公益社団法人広島県建築士会の発刊する建築士HIROSHIMA。
その2016/7No.174号に「やまのねっこの家」が紹介されました。
こうして様々な方々の目に触れるのはとてもうれしいことです。
建築士HIROSHIMA

June 25, 2016

どうしてゴミが転がっていて片付かないの?

私が間取りを考える時に気を使うのが「片付け」です。
家を管理していくご家族にとって一番面倒なことでもあるからです。
とは言えそれを暮らす人次第とは思いません。
家の計画プランに大きく関わらせる事ができると思っています。

よくあるリビングの風景ですが
「ちゃんとゴミ箱に捨てて!」
と声が聞こえてきそうです。
こたつの廻りにゴミが散乱
少し考えてみましょう。
なんでゴミをゴミ箱に入れないのか。
「面倒なだけじゃ?」と思われがちですが、
ゴミ捨て
どんなに面倒な方も椅子に座ってのこれはしないでしょう。
では床に座っているから立ちたくないのでしょうか?
それも確かにあるかもしれませんが、まずTVや何かに興味を取られていると動きたくなくないのです。ですからティッシュはいつも手に届く便利な位置に置かれるのですが、ゴミ箱となると部屋の隅に置いてしまいがちです。

結果的にゴミ箱へのアプローチだけが遠いということになりますね。

・ティッシュは手短に置いておきたい
・ゴミ箱は邪魔にならない場所に置きたい

この結果「使ったティッシュが散らばる」ということになっています。

アイテム一個一個別々に考えるとどうしてもこうなってしまうのです。ですから「片付ける事」をテーマにアイテムの位置を組み合わせてみてはどうでしょうか。

ティッシュの位置
これで使ったティッシュはある程度確実にゴミ箱に入れられると思いませんか?

しかし、これは本当の答えではないかもしれませんね。
ティッシュが遠いと普段が不便になります。お客さんが来た際にはもっと身近にある方が親切でしょうね。
TVがあってくつろぐ場所にはゴミ箱の位置がとても近くなれるほうがいいですね。
テーブルの上に小さなゴミ箱を用意するのもいいかもしれません。
ダイニングルームやキッチンなどの様に人に動きがある場所などは少し離れてもゴミ箱は局所的にまとめたほうがいいと思います。

こんなことも実は暮らしていく中で建築的に解決できるひとつだと思っています。

June 13, 2016

あじさい通り盛況です。

事務所の前は「あじさい通り」と呼ばれ親しまれています。
あじさい通りだけに梅雨のこの時期が最盛期です。
微力ながら日曜日に地域を挙げての草刈り参加させていただきました。斜面に立つ大変さを毎回感じますがこの時期以外は地元の方々がコツコツと清掃草刈りをされ維持されております。そのお陰で事務所の窓からは綺麗な風景が広がっています。ありがとうございます。

長谷あじさい通り

最近ご近所にとても素敵な古本屋さん「まるぶん堂」さんがオープンしました。
事務所のある呉市長谷町の団地に開店という話は珍しいことだと思いますが、個人的にとてもうれしく感じてしまい、事務所からテコテコ歩いて3分のご近所なので開店日にお邪魔してきました。コーヒーも飲める素敵な古本屋さんがありました。お土産に手作りクッキーを頂いたのですが・・・凄い美味しかったのです。コーヒーも美味しそうだと感じながら飲んでくればよかったと後悔です。こちらで表立って勝手に紹介していいのかわからないのでここまでで留めておきますね。

June 4, 2016

リフォームとリノベーション

凄く解りにくいと言われるのが「リフォーム」と「リノベーション」。その原因には広告や宣伝などでなんでも「リフォーム」と言われていたりする事も原因とは思いますがそもそもその境が解りにくいからでしょうね。しかし建物は時間の経過や暮らす人によりそのままでは合わない部分が沢山でてきます。そういった場合全て0に壊し1から作り変えるというのは資源的にもコスト的にも生活的にも負担が多いことがよくあります。そういった場合にはリフォームではなくリノベーションが適していると感じます。

リフォーム=新築の様に修繕する。壊れた場所を治す。機能を付け加える。
リノベーション=今を考え直し素材を活かし作り変える。

例えば着物で言えばリフォームは裾直しや染み抜きですがリノベーションはこうなります。
着物でリノベーション

家族で暮らしやすいマンション
リノベーション前
それをリノベーションしペットの居るひとり暮らしにリノベーションするとこうなりました。
リノベーション後

もう少しリノベーションを詳しく見てみたい方はこちらへMMR-あすきちゃんと暮らす家

May 31, 2016

オンラインマガジンに掲載されました。

ベルリンに本社を置く世界的な建築やインテリアを紹介するhomifyオンラインマガジン日本語版に当社のやまの根っこの家が掲載紹介されました。
「家族同士の心地よい距離感を生む山の麓に建つ住まい」と紹介されていますがコンセプトのそのままを綺麗にまとめて伝えてくれています。いつも思わされますがライターの方の書かれる文面は本当に的確だといつも感心させられます。
もしよろしければ全文読んでいただけるとありがたいです。

下記写真をクリックまたはこちらで全文が読めます。
homify「家族同士の心地よい距離感を生む山の麓に建つ住まい

家族同士の心地よい距離感を生む山の麓に建つ住まい

top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05