« May 2006 | メイン | July 2006 »

June 28, 2006

建築占いをやってみました。

 今日は少し自己紹介(?)がてらに私の占いの結果を載せてみます。
もしよろしければあなたもやってみられては^^

住宅建築占い

宮本 正崇さんは設計図 です!

設計図さんは、明晰な頭脳とタフな体力に恵まれた人です。 かなりのアピール上手なので、いつも周囲に強いインパクトを残していることでしょう。 いわゆる、リーダー的なタイプだと言えそうです。そしてリーダーたるにふさわしい寛容さや、 的確な指導力も持ち合わせています。たとえ現状がそうではないとしても、 あなたには周囲を引っ張っていく魅力と技量があるので、それを上手に引き出してみて下さい。 また小さな成功で満足せず、常に大きな夢を持っていることが、開運の鍵になりそうです。 頭の回転が速く、話題も広いので、恋愛面でも人気者になりそう。ただし少々飽きっぽいので、 そこを改めない限り、遊びの恋に終始してしまいそう。

宮本 正崇さんの結婚チャンス年齢は、16歳・20歳・38歳です!

 

因みに24歳で結婚しました。私。

有名建築占い

宮本 正崇さんはノートルダム寺院 です!

ノートルダム寺院さんは、前向きでとても向上心の強い人。 物事をいい加減に済ませるようなことはなく、努力を重ねて最後までやり遂げるタイプです。 くじけそうな時でも自分を励まし、頑張り抜く姿は、周囲から高く評価されているはず。 しかもあなたは、自分さえ良ければいいと思うようなことは決してなく、 他の人にも惜しみない助力を与えます。そんなあなたを頼りにし、 慕っている人は大勢いるのです。ただし、頑張り屋さんが時として裏目に出て、 ストレスを貯めてしまうことも。息抜きも大事なのですから、 遊ぶ時はめいっぱい楽しみましょう。恋愛面では、価値観が近く、 お互いに助け合える人と縁がありそう。将来は、二人で共通の夢を実現させるかもしれません。
宮本 正崇さんが本当の人間になるまで…残り42日!

 

本当の人間に・・・なっていないのでしょうか・・・私は

June 19, 2006

家で一番触る場所

部屋では天井と壁や床で囲われますね。家の中

では家で一番人が触る所をご存じでしょうか?

天井は背が届きませんから触りにくいですね。

壁は届きますが普通壁をペタペタとするのは

子供さんぐらいですね。

ということは・・・床ですね。

いつも皆さんは立ったり歩いたり座ったり寝ころんだり

よく内装を考えるときに「内装はインテリア」と

おっしゃる方がいらっしゃいますが

それはその通りと私も思うのですが「床の感触」

というのは生活する上でかなり重要なことかと思います。

家発想夢発送 -Concept of happy house-:BlogRankingに投票

June 18, 2006

家に希望すること

 家が欲しい

実はこの言葉にはいろいろな意味が含まれていますよね。

あなたはどうでしょうか?

一つおもしろい連想ゲームをしてみます。

家が欲しい  どうして欲しいの?
家族みんなと安心して暮らしたいから どうして安心したいの?
家族でのんびりいろいろな話をしたい どうして話がしたいの?
充実した家族の関係をもちたいから どうして持ちたいの?
人生にとって家族との時間が一番大切だと思うから どうして思うの?
自分が幸せを感じる時間だから

必ず何にでも目的と目標があります。

ただ 家が欲しい だけでは

それぞれ個人の目標がちがうかもしれません。

「ひろいLDKが欲しい」

「ベランダがほしい」

「アイランド型キッチンがほしい」

「吹き抜けがほしい」

「たくさん収納がほしい」

思うことはたくさんありますね。

でもそれには理由があります。

一つあげると「たくさん収納が欲しい」というのは

・家の状態を綺麗に片づいた状態に保ちたい
・想いのこもった物を大切に保管したい
・便利に使うためには整理が必要

といろいろ目標が隠れています。

それを考えた上で

・衣替え衣服の整理
・書籍等の整理
・趣味の物の保管

と挙げればきりがないくらいの用途が発生してきます。

その一つ一つを考えればあなたのあなたのための収納を

考えれることになりますね。

ただたくさんの収納といってスペースを確保するよりも

遙かに効率の良いプランニングが可能になると思います。

そんな事をじっくりお話させて頂きながら設計できたら

いいなぁと思う今日この頃です。家発想夢発送 -Concept of happy house-:BlogRankingに投票

June 16, 2006

建築士という私の役目

私は設計事務所の建築士です。

ではどのようなお仕事をするのでしょう?

予めお断りしておきますが、あくまで私の場合についてですが

普通

建築士 = 図面

と言った連想が思い浮かびます。

私の経験上、図面を作成する時間より

はるかにプランニングをお客さんと話したり考えたり

する時間の方が多いです。

そのために資料を集めたり新しい取り組みをしてみたり

いろいろな事を考えます。

敷地を調べたり、情報を集めたりもします。

お客さんの趣味があればそのことも調べたりします。

ペットが居ればその習性も必要な時があります。

考えていくときりがないほどの情報量が集約されていきます。

殆ど9割以上の時間をこのプランニングに費やしてしまいます。

どうして・・・?

ごもっともなお話です。

設計する方もプランニングを簡単に済ませれば

手間もコストも時間も手早く済み楽なことこの上ありません。

ならなぜ・・・?

プランニングによりその家の全てが決まってしまうからです。

長い間暮らされる家を作るのです。

考えて検討してプランニングすることで全く違う家になるからです。

しかも、プランニングの時点では私とお客さんとで

プランニングの変更が一番フレキシブルに可能です。

いざ図面が完成し工事が始まってしまいますと

根本的な変更が困難になってしまいます。

理由としては

変更→役所への設計変更申請→工事の工程の変更→変更部の後戻り工事→コストの追加

とこれだけの事が発生してしまいます。

プランニングの時点では「こうしましょう」の一言で変更できます。

 

私の建築士としての一番重要な仕事は

お客さんが安心して暮らせる家をプラニングすることなのです。

家発想夢発送 -Concept of happy house-:BlogRankingに投票

June 14, 2006

敷地の形は正方形がお得?

敷地の形は様々ですね。

中でも敷地は四角に近い方が効率的に良いと一般的に思われています。

その為住宅団地や新規造成地はなるべく正方形に区切られますね。

敷地の形

考えても解る通り下の図の様に敷地(ミドリ部分)に

建物(オレンジ部分)を取ろうと思えば

よりの方が大きな敷地面積になり

無駄と思われる部分が出来てきます。

お解りの通り右の方が狭い土地を

有効に利用している様に感じますね。

では正方形ではない敷地は損なのでしょうか?

私はそうは思いません。

 

建坪率[ケンペイリツ]

(建物の平面投影面積÷敷地面積=建坪率)

といって敷地に建つ最大の建物の大きさが規制されています。

例えば住居系の用途地域では60%という数値があります。

法律上住環境を良くするために抑え気味な数値になっています。

もちろん60%以下でも問題はありません。

建坪率

建物と空地との割合が6:4を超えなければ良いわけです。

普通いかに60%を利用するか・・・と考えると

やはり正方形の敷地が便利でプランがまとまりやすく

工事も楽になりコストも安いと良いことばかりです。

しかし本当にそうでしょうか?

では考えを変えて

いかに40%の空地を60%の建物の為に使おうか・・・

と考えてみてはどうでしょう。

正方形の敷地にきっちり納めた後の空地40%よりも

魅力的な40%を生み出す材料になるかもしれません。

 

最終的な目的は

「いかに気持ちよく住みやすく安心できる家を創るか」

と言うことなのですから

不利な部分はあってもそれを踏まえて考えれば

色々と他の土地(他の人の家)にはない利点が生まれるかもしれません。

家発想夢発送 -Concept of happy house-:BlogRankingに投票

June 13, 2006

建築士会って?何?

bock01建築士会青年・女性建築士の集い中四国大会が

広島県呉の大和ミュージアムにて6月10日に開催されました。

総勢320名の若手建築士と女性建築士が

呉の地に集合し「SHIFT_THE 建築士会」という

テーマの元に集合しました。

   広島県呉が開催地と言うこともあり

呉地区支部青年部・女性委員会の私達を含む

広島県内の会員の方々の主催による

盛大なイベントになりました。

みなさん準備のため多大な時間を掛け

なんとか無事成功を収めました。

写真は福山支部さんの寸劇の一場面です。

 

ところで・・・建築士会って?何?とよく聞かれますので

少し説明を入れたいと思います。詳しくはここにありますが

簡単に言ってしまえば「建築士の集団」なのです。

建築という分野は広く、職種も様々でハウスメーカーから地元の建設会社

役所などの行政の方々からインテリア関係の方々。

そして私のような設計事務所の方々達による

社会貢献の為に建築士が集う会」という感じでしょうか。

正直私は9年前に1級建築士を所得した際に

当時就職先の会社が建築士会に前向きだったためか

「・・・気が付いたら入ってた。」

と言う状況でした。

私がいつも一番建築士会に参加して思うことは、

ただ仕事として建築士をやっている・・・わけじゃないんだな。

と会員の方々達に教えて頂いた事です。

今回の様に大きなイベントをみんなの意見を出しみんなの力で

成功出来たことはとてもよい経験になると思います。家発想夢発送 -Concept of happy house-:BlogRankingに投票

 

社団法人 日本建築士会連合会

社団法人 広島県建築士会

社団法人 広島県建築士会呉地区支部青年部・女性委員会 

呉建築団ホームページ

呉建築団[BLOG版]

June 9, 2006

どうして家は色々な形があるの?

家というのは非常に微妙な建物です。
何故かといいますと
同じ条件の敷地はまず存在しないからです。

・土地の広さ
・土地の形状
・地域の気候
・周囲の土地
・周囲の建物の大きさ
・周囲の建物の位置と高さ
・土地の地盤の強さ
・隣接する道路の広さと高さ
・方位
・法的土地条件
・通風
・採光

敷地条件 

挙げれば切りがありませんね。

お隣さんとも違う条件になりますね。
同じ条件の敷地は世界に2つとは無いことになりますね。
と言うことは家も同じものが建つことは
できないと言うことになりますね。
家は車の様に大量生産することが難しいといえます。
その分しっかりと話し合って考える事で
より良い家が出来ると思います。
家発想夢発送 -Concept of happy house-:BlogRankingに投票

June 7, 2006

敷地の有効利用

私が一番設計時に最初に悩むのは敷地への配置の事です。
配置によって全く違うプランに成るためです。
逆に言えば敷地により考えることが全く違うと言うことです。

どんなことを考えるかはまた書こうと思いますが
「敷地の有効利用=許す限り敷地めいっぱい使った家」
とおっしゃられる方がいらっしゃいます。
もちろんマンションや工場、テナント等は内部の面積しだいで
価値が変わってしまいます。
不動産屋さんにいって間取り図を見ますが、
内部の間取りと面積しかわかりません。
内部の面積しだいで賃料が変わってくるからですね。

では家となったらどうでし ょう。

敷地内の配置

明らかに左の図のほうが大きな家が立ちますね。
ということは内部の空間が充実してきます。
右の図に思うとかなり小さな家になりそうですね。
これではいいの?ってことに見えてしまいます。
では少し見方をかえてみます。

敷地の配置の断面図 

上の図が敷地メめいっぱいに建った建物です。
どうでしょう敷地メぎりぎりまで建物を持ってくると
必ず光は入ってきにくくなります。
風も同じことが言えるでしょう。
では下の図みてみると
光は入って気安く風も抜けそうです。
かなりオーバーな表現になってますが

「敷地の有効利用をするために建物をたてる」

のか

「生活を豊かにするために建物を建てる」

のか
目的によって設計が変わってくるということですね。
もちろん建築基準法という法律により建蔽率や
採光の量が決まっていますので
いろいろな条件と目的に合わせて設計する必要があるという事ですね。

家を小さくしては生活ができない
家を広くすればコストも掛かり生活環境が悪くなる。

こんな条件をお客さんと話しながら両者のバランスを計る
それが建築士としての私のお仕事です。家発想夢発送 -Concept of happy house-:BlogRankingに投票

June 6, 2006

敷地のなかの家の配置

このほど私は一戸建てへ引っ越しをしたのですが
以前はビルの4階でした。
家族で話すのですが、
庭が有ること・・・
これがこんなにも落ち着くとは
思ってもいなかったと。

今日はお庭のお話をしてみます。

普通道路がありましたら駐車場や
お庭ということで表(道路側)に持って行くイメージがありますね。
のイメージですね。
逆にの様にとってしまうと
駐車場やお庭が取りにくくなります。
家の位置
では少し感じをかえてみます。
よくお見かけするのは下の図の上ように建物の前に
駐車場を取ったプランです。
お庭の配置

では下のプランはどうでしょう。
駐車場の上の空間を取り込んでみました。
裏庭の上にも空間を用意してみました。
非常に簡単な事ですが
構造的な問題や日照と
建築法規等の法令的な問題
コストの問題
工事施工の問題を解決するためには
下のプランは上のプランに比べて極めて高度な検討が必要になります。 
 そんな一つひとつの問題に取り組むのが建築士と呼ばれる方々達です。

今回のプランはあくまでアイディアだけで
きっと住む人や土地の条件次第でまったく違ったアイディアが必要かと思います。

あなたの土地にあった
 あなたの生活にあった家
  建てて行きたいと思います。家発想夢発送 -Concept of happy house-:BlogRankingに投票

 

トラブルに強いということ

日曜日から会社のPCがトラブリっぱなしで
建築士会中四国ブロック大会のリハにも
参加出来ず、皆様に迷惑をかけっぱなしです。

今日はとある住宅の外壁回改修のお話があり
お家を見させて頂きました。
非常にクラック(亀裂)もほとんど無く
サッシ等の廻り部分をトントンとしても
浮きもなく丁寧なお仕事のお家でした。
ただ表面はかなり浸食を受けているご様子で
吹き替えを考えたいとのことでした。

外壁のトラブルと言えば
家の殆どのトラブルは私は
水に関係することが多いと思っています。

・雨漏り
・湿気によるカビ
・水廻り(キッチン等の設備)の故障
・排水給水の故障
・きりがありませんね・・・

しかも水道は隠れているため改修にコストが必要になってきますね。
トラブルに強い家=水管理のしっかりした家=丁寧な仕事をした家
と言えるのではないでしょうか。
丁寧なお仕事には時間もコストも掛かるかもしれません
ただ、通常お客様が指定できるものでもありませんね。
そこが大切と私はおもうのですが・・・。家発想夢発送 -Concept of happy house-:BlogRankingに投票

June 2, 2006

家族の思い出を創る家へ

mado_jimusyoこんにちは今日はとてもいい天気ですね。
実は事務所の道路を挟んだ向こうには
公園があります。
今日はその公園で保育園の運動会が開催されていました。声が聞こえみているだけで気合が入ってきました。

写真は事務所の私の椅子からの風景ですが事務所は周り2方はガラス張りで少し恥ずかしいです。 そのぶん視線を意識してがんばりたいと思います。(事務所内暗く写ってますがくらくはないですよ)

子供が運動会といえば親はどたばたと準備をしたりお手伝いをしたりと、何かと大変です。
いろいろと疲れて帰る家路。
子供の活躍をあーだったねこーだったねとお話ができるようなリビングというのはどんなんだろうといろいろ考えてしまいます。

こんな時には帰宅後の片付けがなるべくしやすくリビングに家族みんなが自然と集まるようなリビングはどうだろうと考えます。

余裕のある玄関収納と水回りの収納の便利さ。玄関からリビングへのアプローチのしやすさ。 風通しのいいどっぷりと落ち着けるリビングと家族が向き合える用にカスタマイズできるリビングなんてあっても楽しいかもしれません。

家はただみんなが帰る空間というより、唯一家族でいろいろな思い出やコミュニケーションを取れる大切な場所だと思います。 便利さも大切に家族のイベントも含めて、今までできなかったことを新しく始められたら素敵だろうなと思っています。家発想夢発送 -Concept of happy house-:BlogRankingに投票 

June 1, 2006

contact -事務所案内-

logo

〒737-0056
広島県呉市西中央1丁目6-12 ポレスター呉中央1F
TEL/FAX 0823-25-2103
e-mail miyamoto@yuujinsha.com

Yujinsha Architectural Design Office
 1-6-12-1F Nishityuou kure-shi Hiroshima 737-0056
 

優人舎とは

詳細地図(Mapion)

案内MAP gaikan

top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05