« December 2008 | メイン | February 2009 »

January 29, 2009

日報2009/1/29

今週は色々とドタバタとしてしまい、
知り合いの設計のお手伝いに行ったり
打合せなどで事務所から出っぱなしの状態が続いていました。
今日もこれから広島に打合せに行ってきたいと思います。

日報と括って状況だけ書くのもどうかと思うので
少しお話してみます。
正直パソコンと言うデジタルなものは
あんまり好きではない私ですが

「私はパソコンを50台作った事があります。」

唐突なお話ですが、前居た会社で
パソコンを使える人間としてメンテナンスなども
やって(やらされて?)いました。
会社のパソコンの修理をしていると、
それなりにパソコンの知識を覚え、
そこから人の紹介などから色々な人とお知り合いになれました。
「パソコンのことよぉしっとるねぇ」
なんてお世辞を頂きながら、
気が付けば紹介からの小さな輪が広がり
その内、人に併せたパソコンを作るという事に。

やはり喜んでもらえると本当に嬉しい物です。

パソコンを1から作るのは簡単なのですが
それを人に併せて作る事にやり甲斐を見いだしてしまったのです。
気が付けば50台の大台を超えてしまいました。

私が今使っているパソコンもやはり自分で作ったパソコンです。
お陰で自分でメンテナンスするので自己責任ですが
自分に合わせてカスタマイズしてあるので
これまた「家」の様に愛着が沸いたり
使いやすかったり、不思議な物ですね。
こだわったり話しが出来ただけ人との輪が広がる
そんな実感を感じた覚えがあります。

January 26, 2009

非常用照明って?

特殊建築物定期報告という建物の健康診断の検査を
やっていますが、その検査対象の一つに「非常用照明」という物があります。
非常照明は避難口又は避難階段まで一定距離以上ある場合
その室内や通路に設けられています。
不特定多数の人が使うような建物に設置義務があります。

単純に言えば旅館やテナントビルなどに付いています。
ですから普通の家などには付いていません。
だからと言って無関係でもないんです。

もし貴方が旅館に泊まっていたり
お店で買い物をしていたり
そんなとき
もし災害が起きて建物の電源が落ちてしまったら
真っ暗になってしまいます。

それを防ぐのがこの非常用照明です

天井にダウンライトの様についています。
特徴は検査用の紐がたれています。
最近はプラスチック製のスイッチになってる場合もあります。

こんな感じです。


こんな感じで天井に設置してあります。



照明により色々タイプはあるのですが
通常バッテリーが内蔵されています。
災害時に建物の電源が落ちて真っ暗になっても
この照明が代わりに照らしてくれます。

January 23, 2009

ランチに行ってきました。

ちょっと今回は私のお気に入りのお店のご紹介です。
名前は「CAFE工房」というお店なのですが、
パスタがとっても美味しいです。
それに加え、パンサラダというメニューがあり
これです。



その名の通りパンとサラダのコラボです。
木のボールに入って出てくるのですが、
なかなか食べ応えもあり、シャキシャキとしたお野菜も
ガンガン食べられます。
結構家でも出来そうなものですが
ドレッシングもいいお味を出しているのでこれまた格別です。
美味しいパスタに合わせて食べると格別です。
パスタも食べたのですが・・・・
夢中で食べ過ぎ写真を撮ろうと気が付いたときには空っぽで・・・

お店の場所は呉市安浦町の安浦駅の前になります。
皆さんも一度足を運ばれてはどうでしょう。


大きな地図で見る

January 22, 2009

日報2009/1/22

今朝から焼山の子育て支援センターの打合せに行ってきました。
現在基礎工事が完了し型枠をばらして居るところです。



隣接する幼稚園では、今日はお餅つきのご様子

夕方から呉市内のテナントビルの定期報告用調査に行ってこようと思います。

January 20, 2009

家で風邪にお気を付けましょう。

寒さが増してきて周囲にも風邪の方が多く感じます。

最近家には「高気密」と言われるキーワードがありますが
皆さんはどういう意味に取られていますか?

  高気密 = 隙間がないので冷暖房の効率が良い

きっと御想像の通りですね。
でもだから安心というわけでもないのです。

  高気密 = 調湿が出来ない

ともとれてしまいます。
ただ単に高気密な家でエアコンなどで暖房した場合
単純に湿気が無くなり、風邪のウイルスの蔓延の元になってしまいます。
冬の家の部屋は高温にするのが一番な訳でもなく
重要なのは湿度なのです。
湿度が50%を超えるとウィルスの生存率は3%以下と言われています。

昔の家には隙間が多くありましたが高気密になり始め
登場してきたのが加湿器です。
理想の湿度は60%?80%と言われていますから
加湿器無しではとても維持出来ません。
しかし、機械的に加湿器で調湿するのも手なのですが
家自体に調湿効果のあるものを利用するのも大切なことです。
壁を入洛塗りにしてみたり木製の内装材を利用してみたり。
そして、換気のしやすい窓プランも大切な事だとおもいます。

睡眠不足と栄養バランスにお気を付けくださいね。

January 18, 2009

友人が設計したオープンハウスに行ってきました。

昨日大学時代の友人からオープンハウスの案内が合ったので
見学に行ってきました。
考える人が違えば家の考え方も違います。
出来る限り私以外の設計した建物を見させて頂くのも
いい勉強になります。
有名な建築家の講習会も為になるのですが
こういった直接的な事も大きな栄養になります。



綺麗で気持ちのよさそうなスペースです。
周囲は山の谷間になるのですが
その風景を額縁になるようなシンプルなテイストに
気持ち良さそうな座の空間でした。

※写真掲載については許可を頂いて掲載させて頂いています。

January 15, 2009

卒業設計の思い出

大学時代にお世話になった吉信先生が今年度で退官されるようです。
それに伴い「同窓会」を開くことになった様で、
大学の同級生の俵より連絡網の依頼が来ていた。
連絡する相手が同級生なのはいいのだけど
もう卒業して15年経っているので中には忘れられているのではと
ハラハラしながら連絡をしてみた。
案外皆さん記憶が良く、「お久しぶり」の言葉に励まされながら
なんとか、役目を果たしました。

気になる方はこちらです。
七研通信

どうやら今回参加すると「卒業設計」なるものが返却になるそうです。

思い出せば
大学に入り建築設計の勉強をしながら
「これからの時代はデジタルだ」
と意気込み、卒業設計の時期にはとある設計事務所にお世話になり
一台30万円以上もするパソコンと100万円CAD(図面を作成するソフト)システムを
利用させて頂き、卒業設計をこなした。

今思えば、そんなものを私なんかにお貸し頂けたのか
寛大な好意を受けていたことを改めて感じます。
そんな時代ですから、CADで卒業設計を提出したのは
大学では私が一番初めだと言われた覚えがあります。

ですが当時私は大失敗を犯しました。
CADというツールを使ったお陰で
卒業設計に込めるべき想いが全く表現されず
挙げ句には、システムばかりに気を取られ
納得出来るプレゼンテーションが出来ませんでした。
CADに食われてしまったのです。

改めて

「建物を考えるのは人間そのもの」

と感じたのを思い出します。
ですから「人」の想いがこもる為には
人の手を使ってプランニングしないと
建物も生きてこないと痛感させられました。

あれ以来、エスキスは
必ず自分の手から動かし始めます。

CADはあくまでツールということです。
それ以来私にとってデジタルは
アナログを表現するツールになっています。

CADデーターが有るため少し残骸が自分のPCにあったので
少し引きだしてみました。



卒業設計のコンセプト図だそうです・・・。
今となっては自分で説明するのも少々恥ずかしい次第ですが。。。
またの機会にでも少々おしゃべりするかもしれません。

January 13, 2009

「建築士Hiroshima」に「風の回る家」記事掲載

建築士会の会報誌「建築士Hiroshima」に
「風の回る家」が掲載されました。

アルバムリンク:風の回る家



建築士会より数冊送られてきましたので、
建築士という特殊なこの会報誌にご興味の有る方がいらっしゃいましたら
先着3名様に無料で送付させて頂きます。
こちらのフォームより「建築士Hiroshima希望」と明記頂き
ご連絡ください。


建築士会・・・建築士免許の登録から業務の調査研究
        講習会から刊行物の発刊など
        建築士による活動をする社団法人
        参考リンク:広島県建築士会

建築士Hiroshima・・・前述した建築士会(広島県建築士会)の会報誌
                           参考リンク:MONTHRY建築士(会報誌)

January 12, 2009

引き戸が重くなって閉まりにくくなったら


引き戸が閉まりにくくなったら
こんな事を気にしてみては。
1.建具(戸)の下に付いている滑車(コロ)が変形・摩耗してませんか?

   建具の下には滑車が付いています。
   少し戸を外して見てみましょう。



  こんな感じですね。
  しかし、摩耗などしていると滑車は下の写真の様になっています。
  4.5年前に摩耗に弱い滑車が出回った様で
  交換のクレームが多いようです。
  交換には建具の調節が必要になります。
  もし何か有りましたらご相談下さいね。




  摩耗するとこんな感じになります。

2.敷居の塵など掃除出来ないようなってませんか?

  ついつい引き戸の手前に家具など置いてしまい
  敷居の掃除は難しいもの
  そんな場合ここに埃がたまってしまい
  その埃を滑車が巻き込んでしまい動かなくなってしまうことが有ります。
  
  戸を外して滑車の奥を掃除してあげましょう。


3.少し戸が滑りにくいようなら

   建具の敷居や鴨居の戸と接触するところにシリコングリスを塗りましょう。
   スプレータイプの潤滑油になりますがDIYショップで売られていますので
   手軽に手に入ります。
   金属用の物から色々ありますが木をサポートした物を用意してくださいね。
January 9, 2009

特殊建築物定期報告

特殊建築物定期報告という物があります。
これはある一定規模以上で
ホテルや映画館などの
不特定多数が利用するような建物から
学校や病院などの
公共性のある建物について
特定行政庁から各建物の管理者あてに封筒が届きます。

そこから検査をするのは専門知識のある人材として
講習を受けた資格者又は一級・二級建築士となっています。

私の場合は「特殊建築物調査資格者」と「一級建築士」の両方を
所持しているので検査に出向くことが出来ます。

昨日はとある呉市内のホテルを検査していました。



January 8, 2009

名刺デザイン Ki no Kaori -木の香り-

デザインと呼べる物は何でもするのですが
年末に名刺のデザインの依頼を受けました。
「木」に関する会社でしたのでそれを意識しつつ
デザインしてみました。
サンプルに私の名前で入れております。

名刺表デザイン

名刺裏デザイン

もしデザインをお気に入りになられたらなら
こちらから背景デザインをダウンロードできます。
ご自由にお使い下さい。

Design Name [Ki no Kaori]
                      名刺(表)  Download
                       名刺(裏)  Download

January 7, 2009

家電製品とインテリア

子供の頃から家電量販店いっては
あれやこれやと見て回りお店の人と仲良くなったりしながら
家電製品が大好きな私です

アンプは何がどうとか
スピーカーは何が自分に良いとか
から始まり
××社製の洗濯機は操作ボタンは耐久性が・・
なんて色々触って見てワクワクしていました。

でも何故か共通で感じていた事

「かっこいい家電が無い
      それか、有っても高い」

そうなんですよね。
家電製品はインテリアとは違います。
インテリアに気を遣われた製品はありますが
それは家に並べてみると
メーカーデザインの壁であったり
同じメーカーでも製造年の壁であったり

更に言えば
家電製品そのものに対してのデザインであり
家や部屋に対してのデザインでは無いのです。

それなら家のデザインから工夫をしていけば
新しいデザインから発送できると思います。

ただ、デザインばかり追いすぎると
家としての収納だったり居心地であったり
大切な物が失われてしまいます。
バランスを見ながら全体を考える
これが私の仕事の一つでもあります。



January 6, 2009

K邸リフォーム完了

去年の記事でK邸リフォーム着工のお話しましたが
年末には完了していました。



今回のK邸は玄関と各部屋に繋がる廊下の内装のリフォームでした。
玄関というアプローチ部分は
この部分だけを大きくイメージ変更するのは
家全体のイメージが変わってしまいます。
なるべく大きく変えることなく
ささやかな変更でアプローチしました。

January 5, 2009

アンパンマンミュージアムに行ってきました

高知県香美市香北町にある
香美市立やなせたかし記念館・アンパンマンミュージアム
に行ってきました。
兼ねてから行きたいと思いつつ中々行けない聖地でしたが
年末に少し時間を取って行ってきました。
私の恩師の古谷誠章氏による設計ということもあり
興味はつきません。






私が現地に着いたのは昼下がりぐらいでしょうか
南に北に大開口を用意された建物内には
太陽の光が満ちあふれていました。
訪れている家族やカップルが
館内でそれこそワイワイと過ごしていました。

通常博物館は「展示」の為にあるので閉鎖的な一面を除かせます。
ただここでは少しそれが違い「観光地」という側面が見えてきます。
驚いたことに館内の写真撮影が許可になっています。
撮った写真はイラスト・原画等は公共紹介(ネット・広告等)には使用できませんが
家族で楽しむ分には問題ありません。
ですから館内でアンパンマンとならんで記念撮影などが可能になっています。
そのことがここに訪れる人々の行動に変化が生まれている様に感じました。
そのことが前提で設計されたのか
開かれたエントランスにいる人達の顔が楽しく見えたのかもしれません。

もしかしたらアンパンマンを見にここへ来て
きっとアンパンマンを見ている人達の顔を思い出にして帰る

そんなミュージアムではないでしょうか。

こんなことから
もし家でも・・・・そんなことを考えながら設計出来れば
色々な家が考えられるんじゃないかなと思います。

自分ならこんな家
なんて考え始めれば色々思いついてきそうで
ワクワクしてきました。



こちらは隣接する詩とメルヘン絵本館です。



各隙間にガラス窓があるのですがその足下に
少し面白いギミックがあり小さな開口が開くようになっています。
興味本位で開けてみました・・・ら閉まらなくなって暫く悪戦苦闘しましたが
ちゃんと閉めておきました^^;

香美市立やなせたかし記念館・アンパンミュージアムホームページ ・ 地図

January 1, 2009

あけましておめでとうございます2009

あけまして
  おめでとう
    ございます

旧年はこのブログをご愛読下さり
誠に有り難うございます。

本年は更に色々な視野から
情報を提供していきたいと思っております。
今後ともご愛好頂きますよう
よろしくお願い致します。



top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05