« January 2009 | メイン | March 2009 »

February 26, 2009

広島ガスの講習会にいってきました

先週になるのですが
広島ガスの講習会に行ってきました。
講演者は日テレ「建もの探訪」でおなじみのこの方


渡辺篤史さんです。

広島ガスといえば、家を建てる時必ず出てくるのが
          ガス or 電気
というキーワードです。

電気住宅にすればガスの基本料も要らず
電気代もお得になるのはご存じの通りですね。
かといってガスの調理器を今まで使ってきた事もあり
電気調理器に不安を覚えるのも無理もありません。
家のエネルギーライフラインが一系統になってしまい
停電時には全く機能を

調理器具の「安全」というキーワードを考えても
火の出ない電気調理器は扱いが安全で電子制御されています。
ガスは火が出ますがセンサー機能も充実し
逆に火が出ることで使う方の注意が促されるのです。

一番大切な物は使う人がどんな使い方をするか
なのかもしれません。
この判断にはマニュアルはないと思います。
一緒に相談をしたり体験などもすることも出来ます。

February 25, 2009

焼山の現場へ

昨日は焼山の子育て支援センターの現場に行ってきました。
1Fコンクリート打設が終わり、2Fの壁と梁の鉄筋を配筋しております。

鉄筋コンクリート造は施工時には大きなポイントが数回あります。

1.鉄筋が正しい位置に配筋されているか
2.コンクリートを流し込む際に型枠と呼ばれる枠の中に綺麗に行き渡る様に打設できているか

もちろん大きく差が出る施工ですが、さらに精度を出しつつ、形を作り上げるには更にたくさんのチェック項目があります。

現場監督さんのお仕事というのは非常に重要です。
施工管理とはこういった内容を検査確認する役目になります。
ですから、作業員さんよりも確かな知識と手間をかけれる必要があります。
見積もりの金額や明細には出てきませんが、現場監督さんと作業員さんの腕は建物の出来具合を大きく左右します。




アプローチの庇がコンクリート打設されています。
手前にあるのが型枠材です。



2F施工状況です。
廻りの枠がコンクリートを流し込む外側の枠になります。
その内側に鉄筋を配筋している状況です。



こちらは先本鉄筋の先本さんです。
私の知る限りの最高の鉄筋職人さんです。
先本さんの組まれる鉄筋はオブジェのように芸術的です。

私は会社員時代に現場監督を5.6年経験しております。
そのお陰で監督さんや作業員さんを見る目を育てて頂きました。

先本さんは現場監督時代には本当に大変お世話になった方です。
「子供はおおきゅーなりましたかね?」とお話していただきました。
先本さんは締め付けも寸法も、熟練された確かな技術を持っていらっしゃいます。

その上図面のチェックは非常に厳しく何回も難しい質問をしていただき
お陰でその度に勉強させていただきました。
今思ってもこんな素敵な職人さんに支えられていたのだなと
本当に感謝の言葉につきません。

February 24, 2009

木造住宅耐震技術セミナー

呉市福祉会館で先日2月21日に、
建築士会主催の木造住宅耐震技術セミナーに参加してきました。



昨今の木造住宅の耐震についての勉強会です。
新しい技術の紹介であったり、実施事例などを話し合い
よりよい住宅を提供するねらいで定期的に行われています。

耐震改修は非常にコストもかかり、専門的技術と経験を必要とします。
リフォームを希望される方々も、「気にはなるけど・・・」と二の次を踏んでしまいます。

「構造」=「人の骨」と思われがちですが、
骨であれば折れたりひびが入れば確実に人間には痛みの信号が発信されます。
こうなれば、みなさんは直ぐにでも対処せざる得ません。

しかし、建物の構造は少し違い
「構造」=「人の内臓」と感じています。
専門的がみれば表に信号がでて居るのですが
素人の目でわかりにくいのです。

ご相談等ありましたらお気軽に連絡ください。


February 20, 2009

ロゴデザイン-バイクセンターくれ

ロゴデザインでバイクセンターくれの看板の記録です。



こちらが看板下地
内部に蛍光灯の照明が配置されています



レーサーチックにHONDAのFIREBIRDをイメージ



こちらは夜と昼に分けて看板が切り替わるシステム



バイクのタンクのイメージを看板にしてみました
この三点を仕上げていくと

希望ででLOGO.3をHONDAトリコロールでリデザイン

February 18, 2009

新築住宅提供側に保険・供託金の義務付け(住宅瑕疵担保履行法)

平成21年10月1日より
新築の家を受け取る為には
工事施工会社が保険に入っておかなくてはならなくなります。
その保険料金は工事費用に含まれます。



今日、住宅瑕疵担保履行法の講習会へ行ってきました。

「瑕疵」というのはあるべき性能・機能がない状態の事をいいます。
建物工事では工事引き渡し後、構造部の欠陥や雨漏りに関して
「かくれた瑕疵」として工事施工会社に10年間の保証をする義務があります。

ですが、瑕疵が見つかった時に工事施工会社が倒産した場合
請求先が宙に浮いてしまいます。

そこで消費者保護の為に
新築の住宅に関して工事施工会社には
保険または供託金の義務化が行われます。
その為の保険料は一棟につき6〜9万円(国土交通省試算)
の保険料で10年間の掛け捨て保険となります。

参考:国土交通省住宅課 住宅瑕疵担保履行法

February 17, 2009

今週は講習会三昧になりそうです。

ディスプレイに雪の降り落ちるのが映り込んでくる
今日の天気です。



今週は講習会が3本入っています。
講習会へ行くのは大変貯めになることもあるのですが
それ以上に今の情報の変化について行かなければなりません。

今後内容と感想などお届けできるかと思います。

February 16, 2009

フランクロイド・ライトの照明-タリアセン-

フランクロイド・ライトという建築家がいます。
建築家として有名な方なので聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。
彼は自分の設計した建物のために、照明や椅子などの家具をデザインしています。
そんな彼がライトの自邸として設計されたタリアセンという建築物があります。
そんなタリアセンの照明があります。
先日良くしていただいている知り合いの家具屋で組付けを行っていたので
見させていただきました。

支柱にコの字の幕を取り付けていきます。

幕の内側には耐熱の鉄板が仕込まれています。

支柱の下部です。
しっかりとした骨組みがされています。

交互に填る様になっている反射用の板です。
電球のあるコアの部分の上下どちらにでも
取り付けることができます。
このことで光の伸びと方向が変わり
変化をつけることができるようになっています。
しかも、驚くのはこの板は裏表で反射率が違います。

これでできあがりです。

この照明で感じる事は異常な存在感
F.L.ライトの有機的な建築物の中では
この存在感が逆に建築物に味わいを出していくのです。
私もいつかこの照明を置きたくなる様な家を設計したいと思います。

February 9, 2009

建築士会呉地区支部ボーリング大会

先週末は建築士会呉地区支部のボーリング大会に参加してきました。
年に一度あるスポーツイベントです。
建築関係の皆さんが和気藹々と楽しんでいます。



支部長の始球式です。

私は「ボーリング」というスポーツは結構好きです。
といっても本格的にマイボールをもったりしてませんが
一緒に単純に老若男女で和気藹々と楽しめるスポーツなので
数人でワイワイするが好きなのです。



恥ずかしいですが私の結果です。

February 5, 2009

原爆ドーム改装中




打合せで大手町のほうを歩いていると
原爆ドームが改修工事に入っていました。

足場の組み方など少々散策させて貰いました。



改修といえば



先々週から我が家では風邪とインフルエンザの連発で

常に誰かが寝込んでいる状態が続いていました。

そして先日の月曜日、あれ?と思ったらのどの調子がおかしい。

とうとう私にも来たか・・・と思いながら

珍しく早々とお布団に・・・



何とか火曜日の午前中で症状が落ち着き

大事は免れました。



そんな折り



いつも仕事のパソコンを2台使って居るのですが

その1台が年末よりどうも調子が悪く、

だましだまし使って来ましたがどうも

こちらはもう限界の様です・・・



少しコテ入れしながら補修工事を行って居ます。

OSも初めから入れ直し綺麗にしてやろうと

思います。



やはり何事も早め早めの対処を

肝に銘じる今日この頃でした。

February 2, 2009

建築士会 平成20年度第2回青年部会議

先週の土曜日は広島県建築士会の青年部の会議に行ってきました。
一緒に同行した呉の青年部長の迫谷さんです。
結構まじめに提案する議題のお話を進めながら
電車に揺られて行きました。



今回の議題は中国地方の若手建築士交流会の企画立案でした。
結果新広島市民球場を軸に企画を組むことに決定。
どこまでブログの表現をしてよいか解らないので
詳細はこの場では控えさせて頂きますね。

その後皆さんと懇親会へ
会場までの道中に倒れている男性を見つけてしまい
救急車を呼ぶ事態もありましたが
皆さんテキパキと対応しておりました。流石です。

次回は青年委員長のいる3月に三原での開催です。
三原と言えば私の生まれ故郷。
別の視点で三原を感じる事になりそうです。
少し期待をしておきます。

top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05