« March 2009 | メイン | May 2009 »

April 29, 2009

安芸の小京都「竹原」

いよいよ世間はゴールデンウィークに突入していきますね。
皆さんはお出かけの場所おきまりでしょうか?
ちょっとした落ち着いた街並みを見に行かれるのはどうでしょうか?
そこで安芸の小京都「竹原」へ先日行ってきましたのでご紹介です。

4月18日に建築士会で竹原の街並み保存地区へ行ってきました。

正確には「竹原市竹原地区伝統的建造物群保存地区」と文化遺産に挙げられています。
全く余談ですが原田知世主演の「時をかける少女」のロケ地にもなりました。


そんな街並みを歩きながら研修というのが今回です。



街並み保存センターで研修を受けてから街を歩き始めました。



静かに落ち着いた街並みですが保存地区とはいえど
ここには人々の生活空間でもあります。
そんな生きた街並みがたたずんでいました。



西方寺横にある普明閣・籠堂からの一景



松坂邸の正面
街の佇みを伝えてくれています。



地蔵堂に続く街並み



街並み保存地区より少し外れた場所にある
竹原市重要文化財 森川邸の障子飾りの陰影



職人技の組で技が生き続けていました。



「たたずまい」という言葉には
一点ではなく多くの技をもって成されると感じました。

April 21, 2009

思わぬサプライズに

先週この上なく嬉しい事がありました。
天気の良い昼下がり、机に座りチマチマと仕事をしていると
窓の向こうに人影がみえました。

お客さんかな?

と少し意表を突かれながら
掃出し窓を開けてみると
素敵な女性がひょこんと立って笑顔で私を見ています。

え?・・・

と余りに急な出来事にキョトンとしてしまいました。
そんな私に

「どうも!」と横から声を掛けてくる男性

あ・・・。

先日、「ウェルカムボードをデザインさせてもらいました」という話を書きましたが
九州に居る筈のお二人が私のサプライズを狙って連絡することなく事務所を訪れてくれたのです。
新婚旅行先の高知のお土産を携え、満面の笑みのお二人に心底幸せをわけてもらった気がしました。



また来てくださいね。

April 13, 2009

結婚式ウェルカムボード・案内用名詞作成

この週末に私の大切な友人が結婚をされました。
何か私にも出来ないかと作らせてもらったのが
ウェルカムボードと新居案内用の名詞です。

そんな感じで作成したウェルカムボードです。


※[氏名は仮名になっております]

ミュージシャンを目指した彼に
今度は二人で新しい星になって頂きたい物です。
実際は似顔絵を笑わせたり少し変更したのですが
なんとなくこちらの方が私が気に入ったのでこのタイプでのさせてもらいます。

そして新居案内用の名詞です。
表面−日本男児という言葉の似合う彼に合わせて少し文字をあしらいました。

知之者不如好之者
好之者不如樂之者

個人的に上の論語が好きなので
勝手に気持ちを送るつもりで
お二人用にアレンジしています。


裏面−ギブソンのギターのヘッドをあしらって見ました。

相談無しで名詞は作ったのですが
ギブソン好きだったらしく
気に入ってもらった様でよかったです。


※[氏名は私の物になっております。地図は特定位置表記を消させて頂いています。]


お二人ともお幸せに^^



April 10, 2009

家の為の資金計画

家を建てたりリフォームするには資金の不安がつきまといます。
その資金については家族の一生の経済プランニングをしなければ
という不安が必ずつきまといます。

優人舎一級建築士事務所としてもそのご相談に乗りたいと思います。
私と共に「風の回る家」を新築された縫部氏が
共にご相談に乗らせて頂きます。

ご紹介:ファイナンシャルプランナー縫部


April 8, 2009

中国新聞ハウジングニュースに掲載

先日取材を受けた内容が
4月4日土曜日に
中国新聞の折り込み情報誌
ハウジングニュースに事務所が掲載されました。
掲載範囲は「広島市内」限定でしたが
風の廻る家の施主である縫部さんが
わざわざ届けてくださいました。


慣れない事で少々恥ずかしいですが。


記事を読みたい方はこちらからどうぞ。
PDFファイルがダウンロードできます。

top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05