« August 2010 | メイン | October 2010 »

September 27, 2010

港町御手洗(みたらい)のまちづくり勉強会

歴史と文化を活かしたまちづくりの可能性を探る
と題して呉市豊町御手洗の乙女座を拠点に御手洗の住民の方々を交え
まちづくり勉強会を行いました。
御手洗の良き頃江戸時代の潮泊まりの町のこれからのまちづくりを考えました。


最初に乙女座で御手洗についての説明を受けました。

その後A-Fにグループ分けをし各グループが御手洗の町へ




天気も良く上々にみんな歩いて回りました。
街角の時計店に目がいきました。



実行委員長の田村さんお疲れ様でした。

会場は乙女座にもどり各グループのファシリテーターの元にまちづくりのワークショップ開始です。

そして各グループの代表により発表されました。


私は写真係でワークショップに参加出来ませんでしたがこちらで少し感じたことを
「御手洗の町」はとても素敵なライフペースを作ることの出来る場所だと感じました。
町より外から来た人が普通に暮らせている風景を観光の方々に感じてもらえる事ができれば
ただの発見がある観光ではなく逆に体験出来る町を提案出来るのではと感じてしまいました。
「空き家を利用した学生クラブ合宿受付」
「住民と触れ合うみかん狩りホームステイ」
なかなか住人には住人の暮らしかたが有るかと思います。
その中でこの御手洗の町は住人主導で軒下に一輪挿しをいけてみたり
清掃作業を行っていたりと町の住人同士のふれ合いを沢山感じました。

無事学習会を終え懇親会は遠慮して帰路につきました。

September 18, 2010

お部屋の床の大切さ



先日工事が無事完了した救世軍呉保育所の床をホームページのタイトルフォトにしてみました。

救世軍の保育所では「はだし教育」をメインで行っています。
その為にも今まであった普通のフローリングの上にひのきの無垢フローリングを貼りました。
お部屋といえば壁も天井もそう触るところではありませんが床は違います。足の裏だけではなく保育所の様な所ならなおさらお腹をズルズルと這ってみたり、お手々をペタペタしたり。
園長先生のおっしゃっる「子供達にとっては一日で一番長い時間を過ごす生活空間なんです。」





今まではみんなお昼寝には毛布を敷いて寝ていたそうですが自然と直にゴロリとなって寝ているらしく、保育所にハイハイが出来ない園児さんがいたそうですが床を替えてからいきなりハイハイが出来るようにもなったそうです。出来なかったのは床に着く体の部分が過敏ですぐ座り込んでしまっていたからだそうで、やはりお部屋の床はとても大切と改めて感じました。
September 14, 2010

第27回呉建築セミナーに向けて


今年で27回目になる呉建築セミナー
去年の手塚氏よりポスターを作らさせて頂いております。
今年の講師は「箱の家」の難波和彦氏です。
ただ今御協賛頂ける企業の方々に案内を出させて頂いております。
何卒よろしくお願い致します。

当日は入場無料でどなたでも講演を聴くことができます。
お時間がよろしければ足をお運び頂けますと嬉しいです。

これまで建築の世界の著名な方々を呼ばせて頂いた呉建築セミナーの趣旨としては、わが国で最も活躍中の著名な建築家の一人を招聘して、建築をテーマにした新しい文化創造活動について講演頂くことで、「呉」と言うローカルな場所からの新しい情報発信することで市民・学生・建築関係者の皆様への提案となる事です。

過去ご協力頂いた講師の方々

 1 木村 誠之助   「住宅設計と私」
 2 石井 和紘     「最近の作品から」
 3 出江 寛        「放蕩無頼とポストモダン」
 4 長谷川 逸子     「URBAN SPIRIT」
 5 鈴木 エドワード    「Full Metal Jacket」
 6 伊東 豊雄      「移ろう都市の建築」
 7 宮本 忠長      「建築とまち並みデザイン」
 8 六角 鬼丈      「五大の建築から五感の街から」
 9 相田 武文      「ゆらぎ・気配の建築」
10 槇 文彦        「都市とモダニズム」
11 山本 理顕      「建築から都市へ」
12 妹島 和世      「自作について」
13 坂 茂         「作品づくりと社会貢献の両立を目指して」
14 新居 千秋      「近代の超克」
15 隈 研吾        「反オブジェクトの建築」
16 トム・ヘネガン     「Referens」
17 坂本 昭        「自作について」
18 藤森 照信      「自然素材を生かした設計」
19 古谷 誠章      「shuffled」
20 北山 恒      「WORKSHOP/architecture workshop」
21 米田 明      「建築について考えること」
22 千葉 学      「建築と身体」
23 藤本 壮介    「自作について」
24 佐々木 睦朗   「演題未定」
25 乾 久美子    「最近の作業について」
26 手塚 貴晴    「懐かしい未来」


どうやらこのセミナー当日に今まで一度もなかった
中学校の頃の同窓会案があるらしいです・・・。
何もこれにぶつけないでも・・・。と個人的に残念です。
top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05