非常用照明って?

特殊建築物定期報告という建物の健康診断の検査を
やっていますが、その検査対象の一つに「非常用照明」という物があります。
非常照明は避難口又は避難階段まで一定距離以上ある場合
その室内や通路に設けられています。
不特定多数の人が使うような建物に設置義務があります。

単純に言えば旅館やテナントビルなどに付いています。
ですから普通の家などには付いていません。
だからと言って無関係でもないんです。

もし貴方が旅館に泊まっていたり
お店で買い物をしていたり
そんなとき
もし災害が起きて建物の電源が落ちてしまったら
真っ暗になってしまいます。

それを防ぐのがこの非常用照明です

天井にダウンライトの様についています。
特徴は検査用の紐がたれています。
最近はプラスチック製のスイッチになってる場合もあります。

こんな感じです。


こんな感じで天井に設置してあります。



照明により色々タイプはあるのですが
通常バッテリーが内蔵されています。
災害時に建物の電源が落ちて真っ暗になっても
この照明が代わりに照らしてくれます。

« ランチに行ってきました。 | メイン | 日報2009/1/29 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/385

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05