2007年日本建築学会賞受賞作に古谷誠章氏の「茅野市民館」選ばれる

私の師である古谷誠章氏による「茅野市民館」が2007年の建築学会賞を受賞されました。 幸いな事に同建物を実際にオープニングで見る事が出来ました。

茅野市民館は駅に隣接する市民ホールという扱いではありますが
駅から直接入れるアプローチは「駅ビル」といった感覚です。
ですがそこにはコンサートホールから始まり図書館、美術館、市民ギャラリーと
市民はもとより他の遠方からのアクセスポイントとして
この建物の存在意義を感じました。

アクセスというのは一般的に距離や時間で言われますが
茅野市民館の様に駅と同体になることで
各駅の出入り口と直結されるアクセス感は
私にとっての人の動き方の考えを改めて考えさせられました。

家に関しても同じ事を考えることは出来ると思います。
アプローチというより住む人の導線を考えそこに役目をもってくる
このことは大切なプランニングの材料になります。


家発想夢発送の建築見聞録[MEMORIES]「茅野市民館」へ
 過去記事ですが茅野市民館の写真が数枚見ることが出来ます。

茅野市民館
茅野市「茅野市民館建設の経過
Nikkei BP NET 記事

やる気充電に投票お願いします 優人舎一級建築士事務所ホームページへ

« 古民家にある住空間の良さと不便さ | メイン | 間取り変更ができない? »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/209

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05