敷地試験堀

今とある施設の設計に携わっていますが
本当に敷地をしっかり検査して状況把握していないと
設計自体前に進まないのです。
これは擁壁の基礎の範囲を調査するために
試験堀しています。



« 中古物件購入前に調査も大切です | メイン | 先輩が来店 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/333

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05