家の設計は頑強な積み木のように


家の設計というのは積み木の様なものです。
積み木は頑強に組んでいればいるほど密に組上がります。

ここでいう頑強という意味は、
一つ決める事に裾野が増えるように決める・決まる事がでてきます。
逆に一部でも変更を決めるとその裾野分全てを見直すことになります。
この繰り返しで無駄の内容に有効な設計を目指しながらその分だけ頑強な図面として表現していきます。
ひとつひとつ積み上げ広げて行きながら的確な表現をしていき、その廻りの決まり後を考えながら調整しながら図面にします。

実際この工程を感じたり見たりするのはクライアントもビルダーも誰にも見えない為に時間だけの存在感ですが、最終的に見えないところで大きく差が出るこの物作りの様な工程が重要で何より好きです。

« 家の影 | メイン | 呉市中央公園のイルミネーション »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/543

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05