家に合う暮らし?暮らしに合う家?

北海道では大量の雪に悩まされてると電話で聞きながら
寒さは厳しい物のここのところの広島の空は見ての晴天です。



地域柄瀬戸内海地方の気候は温暖と言われるのですが
その恩恵のお陰か「家」に温暖性能があまり厳しくないといわれます。
実際に北海道の暮らしぶりや家を見てみると
家の外は万年雪の為、暮らしには家の中の割合が多くなります。
その為に寛げるように冬は暖房をガンガンに掛けTシャツ短パン程度で家の中で暮らすという状況があるようです。
ですから、その暮らしをされている方がこちらにくると「なんて寒いんだ」となってしまう事もしばしば。

その土地その土地で環境により暮らしぶりが違う例ですが
だからといって過剰に対応してしまってもコストや無駄に繋がってしまいます。
家に関しては「(性能の)大は小を兼ねる」とは言えない物だといつもながら思います。
その為にもその土地にあった住宅
そして暮らす人に合う家を考える必要があると感じています。

« 素敵なひのきの床 | メイン | たき火で暖を取る »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/550

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05