ガスコンロの火が消えるときの対処法

昨日より我が家の高火力ガスコンロが着火してもガス栓から手を話すと止まってしまいます。
少しこんな時の「誰でもできる範囲での対策方法」を書いています。



対策1.電池を交換します。



高火力のコンロは問題なくそれ以外のコンロが問題の場合→電池交換は
電池交換で治る場合が多いそうです。

対策2.ガス噴射口の鋳物を掃除します。



火が青白くなく赤い場合などは汚れや錆カスなどが燃えていたりするとガスがうまく着火しません。


対策3.熱電対を掃除します。




ガスコンロが火を出し続けることが出来るのはこの熱電対に火が当たる事で温度差を感じて電気を流し続けているからなんです。ですから吹きこぼれ等によって火が消えるのはここに水が当たり温度差を感知できなくなるからです。汚れていると同じことが言えるので歯ブラシ等で掃除してみましょう。

それでもダメな場合は関連業者の方に調べていただきましょう。

さて私の家のガスコンロはというと、対策1.2.3全て跳ね除け結果業者さんに来ていただきました。
「サーモカセット」ですね。「型も古いのでガスコンロごと取替しか無いですね・・・」のお言葉。

« FAXの液晶が壊れて思うこと | メイン | 曲がったきゅうりが美味しい »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/642

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05