建築士という私の役目

私は設計事務所の建築士です。

ではどのようなお仕事をするのでしょう?

予めお断りしておきますが、あくまで私の場合についてですが

普通

建築士 = 図面

と言った連想が思い浮かびます。

私の経験上、図面を作成する時間より

はるかにプランニングをお客さんと話したり考えたり

する時間の方が多いです。

そのために資料を集めたり新しい取り組みをしてみたり

いろいろな事を考えます。

敷地を調べたり、情報を集めたりもします。

お客さんの趣味があればそのことも調べたりします。

ペットが居ればその習性も必要な時があります。

考えていくときりがないほどの情報量が集約されていきます。

殆ど9割以上の時間をこのプランニングに費やしてしまいます。

どうして・・・?

ごもっともなお話です。

設計する方もプランニングを簡単に済ませれば

手間もコストも時間も手早く済み楽なことこの上ありません。

ならなぜ・・・?

プランニングによりその家の全てが決まってしまうからです。

長い間暮らされる家を作るのです。

考えて検討してプランニングすることで全く違う家になるからです。

しかも、プランニングの時点では私とお客さんとで

プランニングの変更が一番フレキシブルに可能です。

いざ図面が完成し工事が始まってしまいますと

根本的な変更が困難になってしまいます。

理由としては

変更→役所への設計変更申請→工事の工程の変更→変更部の後戻り工事→コストの追加

とこれだけの事が発生してしまいます。

プランニングの時点では「こうしましょう」の一言で変更できます。

 

私の建築士としての一番重要な仕事は

お客さんが安心して暮らせる家をプラニングすることなのです。

家発想夢発送 -Concept of happy house-:BlogRankingに投票

« 敷地の形は正方形がお得? | メイン | 家に希望すること »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/169

コメント

そうですか〜
プランニングに時間がかかるんですね。
住宅メ−カ−だと、すぐに図面が出来
上がってくるのは、そこに時間をかけて
いないからですね。勉強になりました。
また、寄らせてもらいます。

■考造さん
はじめまして
みやもとです。
コメントありがとうございました。
私の場合は
プランニングは家のコンセプトを
決める大切な作業と思っています。
お客さんとしっかり向き合える
大切な時間でもあるとも思っています。
またお時間のよろしいときにでも
お寄り下さいね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05