修繕できるということ。

事務所で10数年座る椅子の肘掛けが割れてしまったのでカリモクさんへお願いして替えを用意していただきました。残念ながら当時の色は再現できなかったのですがこうして改めて新しい香りを感じられる事にありがたく思いました。
「なおしてつかう」
私はどちらか昔からその思いが強い方の人間のようです。ですから、家につかう材料も修繕の加工性の高いものは出来る限り常備できるものを考えます。時代の流れの早い昨今カリモクさんの長く対応する様子に改めてその大切さを感じさせていただきました。
椅子の修理

« 秋冬支度はじめました。 | メイン | 肌寒くなりましたね。 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/976

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05