木の家のお話

ご存じの通り昔から日本では木造の住宅が一般的でした。
それは、四季のあるこの日本の気候に馴染みやすく
軽い材質で、手に入りやすく加工のしやすい
絶好の材料であったためです。

木は呼吸をします。
その呼吸を考えながら
上手に利用されてきました。

ですが最近では木材にも色々な規制が必要になり
暮らす私たちの生活にも変化が起きています。

「高断熱高気密」
「シックハウス」
「耐震住宅」
「バリアフリー」
「省エネ」

色々なキーワードが新しく要求されはじめ
色々な基準やマニュアルが出来ています。

一つの条件を大切にすれば
一つの条件がおろそかになる場合もあります。

それをバランスを持って組み合わせるのが
一番大切な事なのです。
本当に大切なのは住む人が健康で
安全に暮らせる事なのです。

やる気充電に投票お願いします 優人舎一級建築士事務所ホームページへ

« 成人式と成長する家 | メイン | 工事中の設計士の役目は設計監理 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/269

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05