日本の湿気

そろそろ梅雨も明け始めましたね。

26日付けで気象庁では四国・ 九州の梅雨明けが発表されていますね。

じんわりと少し遅めの真夏日の予感です。

日本のこの時期の気候の特徴に「湿気」がありますね。

昔から日本で「木の家」の姿が多く見られたのにはこの湿気の為とも言われています。

木には調湿効果があり、大変重宝されてきました。

要は木が湿気を吸ったり吐いたりして周囲の環境をコントロールしてくれるためです。

しかし最近では「高気密高断熱」の合い言葉に木の呼吸を止める風潮すらあります。

そこで外壁の内部に湿気がこもらないように壁内換気も考えられるようになりました。

高断熱化すると外の気温と家の中の気温の差で生まれてしまい結露の原因にもなりますね。

住む人に便利な家造りばかり考えていくと問題はあちこちに出てきます。

環境や周囲の条件に合わせて設計も考えていきたいと思います。

家発想夢発送 -Concept of happy house-:BlogRankingに投票

« 建てたい家の基準? | メイン | 軒下の風鈴 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/185

コメント

梅雨明けは良いんですが、かなり暑いですね。
暑さに負けず、頑張ってください。

■孝造さん
コメントありがとうございます。
天気予報では暑さは平年並み
と言ってますが
とても暑いですね。
身体お気を付け下さい

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05