私の考えるリフォームプラン

優人舎一級建築士事務所と名乗っていますが
「住む人が優しくなれるような住まい」を考えています。

そんな設計事務所が
今リフォームの計画をさせてもらっています。
今回は少し私の思うリフォームのプランニングについてです。

リフォームしたいな?なんて考えているということは
誰にでも「ここをあーしてここはこーして」という風に
具体的に考えている方が多いですね。
それをリフォーム会社に伝えて
「これがいる、あれがいる」と見積もりを作ってもらうわけです。
リフォーム会社さんの方も、
お客さんの言われた以外の事は出来ないので
案外多少の変更はあっても値段次第の部分が見え隠れします。

私の場合は新築時もそうですが
希望の内容を大切にしながらそれを踏まえて
プランを練らさせて頂きます。
それは、「お客さんの言うとおり」が
その家にとって一番と感じない場合があるからです。
お客さんが考えておられても
案外無駄になりコストも大きく増えている部分もあったりします。
客さんには見えにくい部分ですからね。
同じ内容でも解決出来る方法を考えるのも
私の仕事になります。

リフォームは実は新築の計画とは少し違う考えをもって計画します。

1.今の住まいの問題点をどうやって解決するか
2.現存する建物の特徴を考えたうえで利用活用して計画する
3.今の家の雰囲気とご家族の雰囲気を壊さない様に考える
4.「より良い家」だけでなく「新しい住まい方の家」を発見提案する
5.家の丈夫さももちろんですが出来れば土地に馴染んでいる
  元の家の丈夫さを活かせるように提案検討する

« 安藤忠雄氏の渋谷駅 | メイン | 扇風機をつかって換気 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/341

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05