呉建築セミナー 講師難波和彦氏 終了


この週末に東大名誉教授でもある建築家難波和彦氏をお招きして呉建築セミナーを行いました。難波和彦氏と言えば「箱の家」という効率とコストと生活スタイルを建築界に提案された事で著名ですが一般の方には箱の家を基本にパーソナル化された「無印良品の家」のプロデュースと言えば解りやすいでしょうか。

昼に難波先生を広島駅にお迎えに行った後に講演までの時間を呉の街を少々足早ではあったがご紹介させて頂きました。呉市役所から始まり造船ドックからアレイからすこじまで潜水艦を見た後に入船山記念館へ。
終始感じるのは難波先生の「物を感じる」視線の静かさ。
見たままをそのまま感じ飲み込んで言葉にする。当たり前の事のようだがこれがこんなに心地よく言葉になっていく。考えていらっしゃることはとても論理的でかつ空論ではなく現実に則していることを背景に持った上でお話されます。ホテルにチェックインをご案内した後先生と部長の宮崎さんと3人でカフェで時間までのお話を聞かせて頂きました。

セミナーが始まり難波先生が壇上に立つ
ここまで準備に色々あった事や緊張の想いがほっと一息
何故だか今までより先生の声が心地よく感じてしまう。




セミナーを終えバタバタアタフタと撤収作業をしていると「あーみやもとくんみやもとくん」と先生に呼び止められ「これもらってよ」と先生が現地販売をしてくださっているフタバ図書さんから直接本をお買いになりサインを書いて手渡してくださいました。宝物にさせて頂きます!
無事呉建築セミナーは終了を迎えました。待ち合わせに難波先生から掛かってきた携帯電話の番号を今頃登録しながら疲労感が充実感になることを感じてしまいました。


御協賛を頂いた企業の皆様
ご無理を言って書籍を売りに来て頂いた広島府中フタバ図書テラの店長柏崎様
熱い思いを大切に本を愛している彰国社出版編集部の高村様
先生とのホットラインになっていただいたbalancedesign竹岡様
個人的にポスターを貼らせて頂いたポプラ梅木店様・バイクセンターくれ様
建築士会呉地区支部の皆様

皆々様のご協力で無事セミナーを終えることが出来ました。
有難うございました。
そして、お忙しい中講演を受けて頂き

難波和彦先生

本当に有り難うございました。

« 新田慎二氏 個展開催 SOLO de CERO | メイン | 屋根の魅力 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/540

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05