半日のおやすみに広島三原市へ

私の生まれ育った町は広島県三原市です。
ここのところ少しドタバタとしていたので少しお休みがてら帰省してきました。
とは言っても片道一時間余りのドライブなんですけどね。
夕方に移動したため三原市に入った頃には夕焼け時でした。
つい側を流れる沼田川が染まっている姿をみて河原に降りてしまいました。

綺麗な風景の中には引きつけられる理由があるんだなといつも感じます。
ただ綺麗なだけではなく、引きつけられる何かが大切だと思います。
家であれば「素敵なスタイル」よりも暮らす人に合った「居心地」「らしさ」という物を盛り込むことが「家づくり」の第一歩だと思っています。

« あたたかい日 | メイン | 交代のタイミング »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/571

コメント

三原に流れている沼田川は河内の家の近くも流れている川です。中流になるのでしょうか。
去年、塾の合宿で沼田川で遊ばせました。子どもたちはとても喜びました。
前々日大雨が降り、川は少し濁っていて危険でしたが、日ごろ経験したことがない川遊びは予想以上に好評でした。
将来、沼田川に沿って土手に桜の木を植え、四季が感じられる家が?(具体的考えているわではないのです)建てられるようになったらいいのになあ・・と春の陽気に誘われて想像しています^^

■国広幹子さんへ

コメント有難うございます^^
私も子供の頃はこの沼田川を駆けづり回って遊んでいました。川遊びは色々な事を自然と教えてくれる遊びですよね。その分興味が薄れることなく新しい発見に満ちています。と子供の頃遊びすぎて遅くに帰った時言えればもう少し怒られなかったのかと思ったりしました。
四季の感じられる事は本当に大切だと思います。上に書いたように飽きないくらい色々な発見があるはずですから^^

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05