新築住宅提供側に保険・供託金の義務付け(住宅瑕疵担保履行法)

平成21年10月1日より
新築の家を受け取る為には
工事施工会社が保険に入っておかなくてはならなくなります。
その保険料金は工事費用に含まれます。



今日、住宅瑕疵担保履行法の講習会へ行ってきました。

「瑕疵」というのはあるべき性能・機能がない状態の事をいいます。
建物工事では工事引き渡し後、構造部の欠陥や雨漏りに関して
「かくれた瑕疵」として工事施工会社に10年間の保証をする義務があります。

ですが、瑕疵が見つかった時に工事施工会社が倒産した場合
請求先が宙に浮いてしまいます。

そこで消費者保護の為に
新築の住宅に関して工事施工会社には
保険または供託金の義務化が行われます。
その為の保険料は一棟につき6〜9万円(国土交通省試算)
の保険料で10年間の掛け捨て保険となります。

参考:国土交通省住宅課 住宅瑕疵担保履行法

« 今週は講習会三昧になりそうです。 | メイン | ロゴデザイン-バイクセンターくれ »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/393

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05