アンパンマンミュージアムに行ってきました

高知県香美市香北町にある
香美市立やなせたかし記念館・アンパンマンミュージアム
に行ってきました。
兼ねてから行きたいと思いつつ中々行けない聖地でしたが
年末に少し時間を取って行ってきました。
私の恩師の古谷誠章氏による設計ということもあり
興味はつきません。






私が現地に着いたのは昼下がりぐらいでしょうか
南に北に大開口を用意された建物内には
太陽の光が満ちあふれていました。
訪れている家族やカップルが
館内でそれこそワイワイと過ごしていました。

通常博物館は「展示」の為にあるので閉鎖的な一面を除かせます。
ただここでは少しそれが違い「観光地」という側面が見えてきます。
驚いたことに館内の写真撮影が許可になっています。
撮った写真はイラスト・原画等は公共紹介(ネット・広告等)には使用できませんが
家族で楽しむ分には問題ありません。
ですから館内でアンパンマンとならんで記念撮影などが可能になっています。
そのことがここに訪れる人々の行動に変化が生まれている様に感じました。
そのことが前提で設計されたのか
開かれたエントランスにいる人達の顔が楽しく見えたのかもしれません。

もしかしたらアンパンマンを見にここへ来て
きっとアンパンマンを見ている人達の顔を思い出にして帰る

そんなミュージアムではないでしょうか。

こんなことから
もし家でも・・・・そんなことを考えながら設計出来れば
色々な家が考えられるんじゃないかなと思います。

自分ならこんな家
なんて考え始めれば色々思いついてきそうで
ワクワクしてきました。



こちらは隣接する詩とメルヘン絵本館です。



各隙間にガラス窓があるのですがその足下に
少し面白いギミックがあり小さな開口が開くようになっています。
興味本位で開けてみました・・・ら閉まらなくなって暫く悪戦苦闘しましたが
ちゃんと閉めておきました^^;

香美市立やなせたかし記念館・アンパンミュージアムホームページ ・ 地図

« あけましておめでとうございます2009 | メイン | K邸リフォーム完了 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/373

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05