暮らす人を知ることの大切さ - 札幌市中古住宅リフォーム episode-2

詳細な旅行パンフレットを眺めて資料を集めてもそれはあくまで地球儀の上を指さしているだけで
実際に現地に行きふれ合い感じることで知ることは内容の種類が大きく違います。
同じように住まいというのは暮らす人達とその廻りの環境など色々な資料にできない事から成り立っています。
前回2プランほどご紹介させていただきましたが
それはまだ地球儀の上に資料を見ながら場所を探しただけにすぎません。

いざ北海道へ

広島→東京→千歳→札幌と経由し北海道の地へ
北海道札幌駅で改札でお二人と握手をしながら始まりを感じました。

単身アメリカで何度も1から立ち上げてきた人生を送ってきた旦那さんと
元漫画家で現在は写真家である奥さん

そして誰よりも毎日を一生懸命生きることでお二人を支えているコンリー


北海道に居る間に3人で色々な話をしました。
呑みながらドライブしながらお店で打合せをしながら家を見ながら
北海道のこと自分たちのこと食べ物のこと友達のことお仕事の事
居間まであった昔のこと今のことそして先のしたいこと大切にしていること
そしてこのご家族を見させて感じさせてもらいました。
コンリーの視線の行方であったりお二人の話し方であったり
みんなの阿吽の呼吸であったり素敵な顔になる瞬間
キラリと目が光る瞬間であったり幸せに微笑むひとときであったり。


そんな全てが私を包んでくれました。
本当に一生忘れられない人とのふれ合いになりました。



« 築34年の家に逢いに - 札幌市中古住宅リフォーム episode-1 | メイン | 暮らしの安心建物調査 - 札幌市中古住宅リフォーム episode-3 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/511

コメント

宮本さんのツイート拝見していますが、リツイートしてはいけないかなあ・・。でも関心はすごくあります。

ろくろーさんの写真を通すと、みんな優しい顔をして
写っているねぇ!
それは、ろくろーさんが優しい目を持って人を見ているから
なんだろうな。

で、アスパラの写真が一番目立つところにあるし!(笑)
お礼としては全然たりないけれど、美味しい北海道の
アスパラを、心を込めて送ります。

■国広さんへ
お久しぶりです^^
ぽっつりぽっつりとしかつぶやいてないのにありがたいお言葉。
どうぞリツィートしてやってください。

■修子さんへ
いらっしゃい修子さん
みんなが優しい顔しているのは
みんなが幸せを一所懸命感じる人というのも撮りながら感じましたよ。

ア・・・スパラ有り難うございます。
またよじ登る夢見ちゃうかもです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05