感じる扉-北海道札幌市中古住宅リフォーム episode-9

家のプランを考えるというのは家の中の事も大切ですが
家や部屋の外とどう繋がるというのがとても大切なことだと思います。
窓や扉を部屋から無くしたと想像すればどれだけ「外」というものから貰っている物が多いか解ります。
episode-4にあった窓越しに見えてくる風景もその一つ。

「感じて使える扉を用意しよう」

「ただいま」と帰ってきたご主人さん
「こんにちは」とやってきたご近所さん
「ふー」とコンリーくんの散歩から帰ってきた家族
そんな風景が伝わってきて欲しい

元からこの家の導線が玄関→リビング→食堂→トイレ・お風呂という線上の流れと範囲だけで生活が終わってしまうのはとてももったいなく感じていました。
そこでもう一つの導線を作り「回遊」「便利」「感じる」ことが出来る扉を今回は新しく一枚だけ用意させて貰いました。


前から家の食堂とリビングの間にあった天井から防煙用の垂れ壁が降りており
そこには網入りの硝子が入れ込まれていました。
今では余り見ない凹凸のある硝子ですがこの家の歴史を感じれる部分でもあります。
その上このテクスチャーがとてこの家に馴染んで感じたため先程の感じる扉の中にはめ込む事を考えました。

現在工事は順調に進行中です。
Tご夫妻様や施工の瀬戸さんと色々話ながら工事は解体を終え造作へ移っています。
そんなT奥さんのブログに工事状況が載せられています。
新・恋の話でもしたいところだが。:カテゴリー「家のこと」

« 明るい洗面所-北海道札幌市中古住宅リフォーム episode-8 | メイン | フォトギャラリー-北海道札幌市中古住宅リフォーム episode-10 »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yuujinsha.com/MT/mt-tb.cgi/519

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


top contact house policy works blog cost contact works01 works02 works03 works04 works05 works05 works05