こだわり

設計へのこだわり

優しい人になれる家を心がけて設計をしています。
色々な事を話して人を感じながら、
本当に必要な物や新しい物を生み出すことに生き甲斐を感じています。
その為にも建て主にも施工者にも解りやすい伝達を目指しています。

みやもとまさたかの家づくり

物作りは正しいコミュニケーションから

設計も含め「工事現場監督」「建物調査員」なども経験してきました。

家具でライフスタイルが変わると興味が沸けば家具工場のお手伝いまでさせて頂きました。
その理由は物作りとは現場・物を知ることから始まると感じている為です。

それに併せ家を考えるためには生活スタイルも大切です。
ご家族がどんな暮らしをするのか一緒に話しながら考えます。

その為に家事・生活・使い勝手など色々なことに目を向けながら設計しています。


卓上想像物づくりにならない為に

設計士・建築家といえば、設計事務所で修行後独立開業が一般的です。


建築士の受験資格も従来は建築関連での経験を言われていましたが、

建築士法の改正により「専門技術の資格」として設計専門事務所での経験が前提で考慮され始めました。 その為、設計側からのみの視点でしか学べない現状があります。
私の思う家造りには建築には広い分野の知識が必要になると感じています。

 » Policy-家づくり方針

建築に携わことになる理由

一人で作る物より人と作るものへ
私は「絵描きになりたい」という夢がありました。
これは「絵を描く」事が好きだったからですが、描いている内に一つのことに気がつきました。
自分が気になる絵を描ける時は必ず「人の為に」描いた絵だったのです。
そういった意味から建築は必ず人とのコミュニケーションの上で成り立っています。
今では設計が天職と想いながら設計をさせて頂いています。

建築との関わり方として今まで設計を初め調査員・現場監督と何でもこなしてきた経験を元に関わる全ての為の人の気持ちになり よりよい品質を求めて設計をしたいと思います。

私を育てた環境

大学に入学をし「将来の自邸」のテーマに奮闘し
設計の自由さ発想の展開の奥深さに 意匠建築と言う分野にひかれ始めました。
建築学科建築意匠研究室に在籍させて頂き 建築家 古谷誠章[フルヤノブアキ]氏(現在早稲田大学教授)にご教授頂き更に大きな影響をうけました。

優人舎一級建築士事務所への経緯

建築設計には現場知識の必要性を必要に感じ、師である古谷誠章氏設計の「狐ヶ城の家」(第8回吉岡賞)を施工した井本建設株式会社に就職しました。
5年間の現場担当をしたのち同社設計担当として8年間従事住宅・賃貸マンション・アパート・工場・店舗などを設計してきました。

back «  0 1 2 3 4 5 6  » next

toppage »  office  » こだわり
Office-featyre-