家づくり設計方針

1あなたの言葉を大切に伝えるために

コミュニケーションイメージ

希望というアナログなイメージのあなたの色をした言葉と
数学的な答えのある建て方を考えるビルダーの言葉では
差があり思ったことが現実にならない事が多くあります。
私の一番の役目はそんな人と人の言葉を繋なぎながら
夢と希望をのせて形に創り上げていくことです。
それを伝える為に現場監督経験のある私が話し合い
図面に線を引かさせていただきます。

デジタルとアナログ

2優人舎のプランニングコンセプト

家にはいくつもの希望の言葉があります。
例えば
「広いお部屋が欲しい」
という言葉にはいくつもの理由があります。
それをひとつずつお話させて頂き
要素を組みバランスと機能を考え、
必要な対策を行います。
そうしてできあがるのが優人舎のプランニングです。

希望と条件

3設計事務所のコスト

設計事務所に家を頼むのは敷居が・・・
この大きな理由の一つにコストがありますが
建築士だからといってコストが上がる事はありません。
なぜならハウスメーカー・建設会社・工務店どちらでも
企画設計は必要なためコストに入っています。

設計コスト

また設計事務所だからと言うことで特別な材料を
使用しないといけないわけでもありません。
逆に、コストに合わせて適正なスタイルで考えます。
コストも建物も自由に対応できるのが強みなのです。

4どちらがいいですか?ではなく これはどうですか?

プラン見て選択するだけでは意味すら解りません。これでは暮らし始めてもプランに合わせて暮らしてしまいます。 効率よく家を考えるだけではなにも間違いに気が付けないのです。
そこで、プランから間違いを体験して頂き説明させて頂きます。 それが家の暮らし方を考えてもらる大切な一歩だと思っています。

会話で間違い探し

他の設計とわたしの大きな違いは会社の方を向いた プランナーかあなたと直接向かい合うプランナーかということです。
キッチンの使い方から収納の仕方洗濯の順序
や洗濯物干し方から人により千差万別の暮らし方があります。
それを取り込む為にも
直接向かい合う事はとても重要なのです。

5場所の力で自然を守る

一般的に家は中と外を隔てキカイを使い多くのエネルギーを消費しながらコントロールしています。
その効率の為の高断熱高気密となります。
それは家の生産効率の高くする為です。
しかし、土地を読み周囲を観察し四季の移り変わり天候の変化にあわせ 自然の力を借りて感じながら暮らせる家の為の適切な性能を 一軒一軒考える事で快適に暮らせます。
それが優人舎の考えるエコロジーです。

エコロジー

6目標は暮らすこと

1-5の書いて有ることを見て
「家を考えるのは大変」
と思われたかもしれません。
しかし、
家を建て始めてから失敗に気付いたり思い残しがあると建物自体の品質からコストに大きな影響を与えてしまうことになります。
プランニングは間違いに気が付くまで納得出来るまで何回でも行わせて頂きます。
そして何よりその中で
「自分の家を考える」事をして頂きます。
そうすることが、
あなたの新しい家のスムーズな暮らし方に一番役立つ大切な事だと思ってます。
目標は「建てる事」ではなく
「暮らす事」なのです。

家を建てる意志
toppage » policy

0.家づくり設計方針

Policy-Toppage-